ウルトラマンつながりで・・・

2010/09/15      22:00~22:45

NHK総合

歴史秘話ヒストリア「ウルトラマンと沖縄~脚本家・金城哲夫の見果てぬ夢~」
みんなのヒーロー・ウルトラマン。その誕生と展開には、沖縄出身の脚本家・金城哲夫が感じた、戦後沖縄の苦悩やベトナム戦争が影響していた。人気番組が秘めた戦後史秘話。

テレビ番組史に残る国民的ヒーロー「ウルトラマン」の生みの親で、沖縄出身の脚本家・金城哲夫の生涯に迫る。金城は戦後、アメリカ統治下の沖縄から上京。豊かな想像力を発揮し「ウルトラマン」で大成功する。しかし心の中には、常に“本土に沖縄の姿を伝えたい”という願いがあった。基地問題、ベトナム戦争など、激動の沖縄と本土の懸け橋になろうとした金城と、ウルトラマン、現代史をめぐる知られざる夢と悲しみと勇気の物語。

東京二期会《魔笛》ロビーにて、ウルトラマンの勇姿。

加藤さんも書かれてますが、マチネで外が明るいので、思いっきり逆光で・・・
しかもiPhoneで撮ったものをなんとかPhotoshopで修正したものです。
ので、あまり綺麗ではありませんが、こんなディスプレイもしゃれてます!

ウルトラマン (c)円谷プロ

感想の前に、ちょっと一息。
タミーノ王子とパミーナ姫の人形が展示されていました。
加藤さんのホームページによると、2007年に制作したもののようです。
こういうのも、なかなか貴重ですよね。
でも、欲を言えば、もっと多くの人の目にとまる、明るいところに出してほしかった・・・
(ちょっと暗いところでiPhoneで撮影のため、あまり綺麗ではありません・・・)


以下、展示に際しての説明書き(抜粋)です。
———————————
【人形展示について】

舞台劇という性質から、間近に寄って衣装を観ることができないご来場者さまのために、衣装監督監修のもと本公演に登場するタミーノ王子とパミーナ姫の衣装をこの度、特別に人形サイズに縮小し、ディスプレイさせていただきました。

[タミーノ]衣装デザイン・監修・所蔵:加藤礼次朗 人形ドレス・小物制作:滝渉
[パミーナ]衣装デザイン・監修・所蔵:加藤礼次朗 人形ドレス・小物制作:金成由美

制作協力:(有)ミイン
人形本体:スーパードルフィー(限定「キャプテンセシル」モデル)
創作造形:(c)ボークス・造形村
Super Dollfie は株式会社ボークスの登録商標です

東京二期会《魔笛》最終日

On 2010/09/12, in コラム, by admin

今日ほど、生きていてよかった、と思わずにはいられなかった。おおげさかもしれないけど、それくらい、感動した。見慣れてるし、仕事でも少しだけ関わった。それでも、全然今日は感じ方が違った。観てよかった。

今後、再演の予定ないとのことですが、なんとかレパートリー化してもっと頻繁にやれるといいんですけどね。もったいないです。海外持って行けないんだろうか? 輸出もありだと思うんですけどね。

またあとで感想など書きたいと思ってます。

Tagged with:  

もう本番は残すところ1日。こんな時間にこんなところでこんな事書いたところで、あまり意味はないかもしれませんが・・・これがほんとうの《魔笛》の姿?かもしれない、と思う。

いままで、リブレット読んだり、ビデオ見たり、実演に触れても???だった方、ぜひ実相寺版《魔笛》、だまされたと思って、観てほしいです。きっと、モーツァルトが言いたかったことが、わかると思います。

Tagged with: