ポリーニ・パースペクティヴ2012

 現代最高のピアニストであるポリーニは常々「演奏家は作曲家に仕える存在」であり「現代の音楽を聴衆に伝えるのは演奏家の義務」であると口にする。その言葉通り、活動初期から古典と現代の音楽を並べた演奏会に挑み続けてきた。
彼の生誕70年を記念して開催されるこのプロジェクトは、彼が最も得意とするベートーヴェンの中・後期ソナタを核に、マンゾーニ、シュトックハウゼン、ラッヘンマン、シャリーノという、現代の最先端を行く革新的な作曲家の作品を散りばめ集中的に演奏する、意欲的な試みだ。
ベートーヴェンもまた音楽に革命をもたらした作曲家だった。ベートーヴェンの遙か彼方を見つめるポリーニの眼差しは、時代を超越した音楽の、新たな創造の可能性へと向かう。
[文/寺司正彦]
*この記事は、株式会社エンタテインメントプラスの許諾のもとe+から転載したものです

 

 

 

 

 

■マウリツィオ・ポリーニーポリーニ・パースペクティヴ2012ー 公演スケジュール

(c)Luigi Ribioldi

[ベートーヴェンーマンゾーニ]
ベートーヴェンが独自の様式を確立した
中期ソナタの最高傑作と詩的なマンゾーニ作品との出会い

2012/10/23(火)19:00 サントリーホール

<出演>
マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)〔ベートーヴェン・ソナタ〕
ニコラス・オッジ(ピアノ)〔マンゾーニ作品〕
クリストフ・デジャルダン(ヴィオラ)
アラン・ダミアン(クラリネット)
ダニエル・チャンポリーニ(打楽器)
チョー・ジョー(ソプラノ)
<曲目・演目>
マンゾーニ:Ⅱ Rumore del tempo(ヴィオラ、クラリネット、打楽器、ソプラノ、
        ピアノのための)[ルツェルン・フェスティバル委嘱作品、日本初演]
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 op.53「ワルトシュタイン」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第22番 ヘ長調 op.54
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 op.57「熱情」

[ベートーヴェンーシュトックハウゼン]
名手でしか弾きこなせない!
ピアノの限界を打ち破った、シュトックハウゼンの大作。

2012/11/2(金)19:00 サントリーホール

<出演>
マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
<曲目・演目>
シュトックハウゼン:ピアノ曲VII
シュトックハウゼン:ピアノ曲IX
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第24番 嬰ヘ長調 op.78「テレーゼ」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第25番 ト長調 op.79
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第26番 変ホ長調 op.81a「告別」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第27番 ホ短調 op.90

 

 

 

(c)Philippe Gontier

[ベートーヴェンーラッヘンマン]
魂と音のぶつかり合いが、こんなにも眩しく美しいものだとは、想像すらできなかった。

2012/11/7(水)19:00 サントリーホール

<出演>
マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
ジャック四重奏団(弦楽四重奏)
<曲目・演目>
ラッヘンマン:弦楽四重奏曲第3番「グリド(叫び)」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番 イ長調 op.101
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番 変ロ長調 op.106 「ハンマークラヴィーア」

 

 

 

[ベートーヴェンーシャリーノ]
ベートーヴェン晩年の最高傑作と
色彩的なシャリーノ作品の邂逅から新たな光が生まれる。

2012/11/13(火)19:00 サントリーホール

<出演>
マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)〔ベートーヴェン・ソナタ〕
ダニエレ・ポリーニ(ピアノ)〔シャリーノ作品〕
クラングフォーラム・ウィーン(室内アンサンブル)
シュトゥットガルト・ニュー・ヴォーカル・ソロイスツ(声楽アンサンブル)
ティート・チェッケリーニ(指揮)
<曲目・演目>
シャリーノ:謝肉祭 第10番「震えるままに」/第11番「雨の部屋」/
      第12番「弦のない琴」[ルツェルン・フェスティバル委嘱作品、日本初演]
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 op.109
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111

[室内楽公演]
音と音との激しい鬩ぎ合い。
渾身のパフォーマンスに、あなたは耐えられるだろうか?

2012/10/24(水)19:00 サントリーホール ブルーローズ

<出演>
クリストフ・デジャルダン(ヴィオラ)
アラン・ダミアン(クラリネット)
ダニエル・チャンポリーニ(打楽器)
チョー・ジョー(ソプラノ)
工藤 重典(フルート)
亀井庸州 多井智紀 辺見康孝 安田貴裕(弦楽四重奏)
<曲目・演目>
マンゾーニ:Entrata a tre ークラリネット、打楽器とヴィオラのための(世界初演)
マンゾーニ:An die Musik ー声楽とフルートのための(日本初演)
マンゾーニ:Percorso GG ークラリネットとCDのための(日本初演)
マンゾーニ:Voci ー弦楽四重奏のための(日本初演)
ラッヘンマン:Trio fluidoークラリネット、ヴィオラと打楽器のための
マンゾーニ:Oltre la Sogliaー声楽と弦楽四重奏のための(日本初演)

[室内楽公演]
あなたはまだ、“人の声”の本当の限界を知らない!
かつてない声とその響に瞠目せよ!

2012/11/14(水)19:00 サントリーホール ブルーローズ

<出演>
シュトゥットガルト・ニュー・ヴォーカル・ソロイスツ(声楽アンサンブル)
<曲目・演目>
シャリーノ:12のマドリガル(ア・カペラのための)[日本初演]

【料金】
[10/23,11/2,11/7,11/13]
プラチナ券:30,000 S席:25,000 A席:21,000 B席:17,000 C席:12,000 若葉シート:3,000
[10/24,11/14]
全席指定 6,000

◎お問合せ:カジモト・イープラス 0570-06-9960
チケット発売: 12/7/29(日)10:00〜
【カジモト・イープラス会員限定先行受付】
7/18(水)12:00〜7/22(日)18:00
【イープラス座席選択先行】
7/19(木)12:00〜7/26(木)23:59

◆チケット申込み

7/19(木)12:00〜7/26(木)23:59座席選択先行受付、一般発売 7月29日(日)
※左記WEBからもお申込みいただけます(外部サイトにリンクします)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です