原麻理子 ヴィオラリサイタル

Photo: Anton Havelaar

ヴァイオリニストとして第5回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第1位受賞。その後、師である今井信子の奨めによりヴィオラに転向した大型新鋭ヴィオリスト原麻理子がピアニストの有吉亮治と共に、今年もJTアートホールでリサイタルを開く。
 
昨年5月のリサイタル。筆者は十年前ヴァイオリニストとしての彼女を既に耳にしていたが、ヴィオリストとしての原は驚くほど成長していた。シューマン、ブラームス、ヒンデミットといった定番に、武満徹が今井のために書いた《鳥が道に降りてきた》が採り上げられていたが、いわゆるヴィオラ臭のない凄みのある太い音をはじめカンタービレの能力もチェロ並みで感情表現の豊かさも特筆すべき。今回も共演するピアノの有吉との相性も良く、熾烈に歌う原のヴィオラと有吉の雄弁なピアノの絡みは実にスリリング、原のセンスの良さも光りどれも最高の聴きものだった。
(文:浅岡弘和)

“私が愛してやまないヴィオラの良さ、素晴らしい曲の数々を、そしてヨーロッパで一流の先生、仲間より学んでいる真摯な音楽を、多くの人に聴いていただきたい。また持ち前の明るい性格で少し地味なヴィオラの印象を吹き飛ばせると信じています”(〜原 麻理子)

【公演日程】
2011年9月23日(金・祝) 開演14:00
JTアートホール アフィニス(虎ノ門)

【プログラム】
ニーノ・ロータ:間奏曲
バッハ:シャコンヌ  
シューマン:幻想小曲集 作品73
ヒンデミット:無伴奏ヴィオラソナタ作品25-1
シューベルト:アルペジョーネソナタ

【出演】
原麻理子(ヴィオラ)  有吉亮冶(ピアノ)

【料金】
3,500(一般) 2,500(学生)

◎お問い合わせ:
株式会社 森音楽事務所 東京事務所 
TEL:03-3225-8868 

◆チケット申込み
カンフェティチケットセンター TEL:0120-240-540
※下記WEBからもお申込みいただけます(外部サイトにリンクします)
カンフェティチケットセンター

(c)Merlijn Doomernik

◆原麻理子 プロフィール◆
2006年よりジュネーブ音楽院ソリストディプロマに学び、2009年満場一致の首席で卒業。同時にすべての楽器の最高位として Albert Luillin 賞を授与。他にブラームス国際コンクール第2位、ジネッティ国際室内楽コンクールファイナリスト。PhilippeGraffin(Vn),James Clark (ロンドン響コンサートマスター),MattewMcdonald(ベルリンフィル首席コントラバス)らとヨーロッパ各地で共演、ヨーロッパでは多くの優れた演奏家より室内楽パートナーとして信頼を得ている。また今井信子と10カ月にわたり演奏旅行に同行。2004年に結成した“ジュピターカルテットジャパン”(植村太郎、佐橘まどか、原、宮田大)のメンバーとしても活動を広げ、日本各地での演奏活動の他、海外でも演奏活動を行うが、これは今年10月9日、BS朝日にて夜9時からドキュメンタリー番組 【カルテットという名の青春】(2007から2010年、テレビマンユニオン社による3年間にわたる日本とヨーロッパにおける追っかけ取材)の放送予定がある。2011年より本格的にソロ活動を開始。
今年は日本では他に9月2日に、今井信子とその門下生によるヴィオラアンサンブル Voila Viola! に参加する(於:白寿ホール)
海外ではFrederieke Saeijs(2005年ロンティボー国際ヴァイオリンコンクール優勝 )らと弦楽トリオを結成。
スティーブン・イッサリースの推薦で2011年10月に室内楽によるイギリスツアー(ヴィグモアホールを含む)に出演、2013年1月にはドルトムント(ドイツ)でモーツァルト協奏交響曲のソリストに抜擢されるなど、演奏の場をひろげている。

ヴィオラ原麻理子 オフィシャルサイト
www.marikohara.com

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*関連公演*
■今井信子とヴォワラ・ヴィオラ! 東京デビュー・コンサート
2011年 9月2日 (金) 19:00開演
白寿ホール(渋谷)

【プログラム】
ヘンデル:シバの女王の入城
ガース・ノックス:VIOLA SPACESより
~ サプライズ・コーナー ~
エルサン:カプリス(2009)【日本初演】
武満 徹:鳥が道に降りてきた(1994)
西村 朗:8つのヴィオラのための『桜』(2011)【東京初演】
J.S.バッハ:ブランデンブルグ協奏曲第6番 変ロ長調 BWV1051

【出演】
今井信子、原麻理子、笠川恵、アメリー・ルグラン、ウルリッヒ・アイヒェナウアー、タマーシュ・ロジョシュ、ナタン・セルマン、ウェイティン・クオ(ヴィオラ)
飯村 智子(ピアノ)

【料金】
全指定席 2,000

主催:株式会社AMATI
◎お問合せ:株式会社AMATI 03-3560-3010

◆チケット申込み
※下記WEBからもお申込みいただけます(外部サイトにリンクします)

Hakuju Hallチケットセンター 03-5478-8700
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
チケットぴあ 0570-02-9999
ローソンチケット 0570-000-407

  1 comment for “原麻理子 ヴィオラリサイタル

  1. ごふくや
    2011/09/07 at 11:12

    原さんのビオラ素晴らしいイです。生を聴いてみたいです。

ごふくや にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です