アダムズ《ニクソン・イン・チャイナ》〜METライブビューイング2010-11

METライブビューイング2010-11
第6作 ジョン・アダムズ《ニクソン・イン・チャイナ》 MET初演

指揮:ジョン・アダムズ 演出:ピーター・セラーズ
出演:ジェイムズ・マッダレーナ、ロバート・ブルーベイカー、キャスリーン・キム、ジャニス・ケリー、ラッセル・ブローン、リチャード・ポール・フィンク

MET上演日 2011年2月12日 上映時間 3時間56分(休憩2回)
上映期間 2月26日(土)〜3月4日(金)

ニクソン大統領と毛沢東主席の邂逅。この世界的事件をオペラで描いた、J.アダムズの代表作がついにMET初演!アダムズ本人の指揮と才人P.セラーズ演出の名コンビで、伝説的な傑作舞台がMETに甦る。

【STORY】
1972年2月、北京郊外の飛行場にニクソン大統領が降り立った。毛沢東主席との会談が始まり、饒舌な主席の弁はニクソンを圧倒していく。愛国的な晩餐会ではお互いの国の平和に対して盛大な乾杯が行われ、翌日は“思想的”で“ハリウッド的”でもあるバレエを鑑賞する。毛沢東の妻による、欧米文化や“ブルジョワ的”なものを徹底的に排していく姿勢で作られたバレエは、またもニクソン夫妻にいいしれぬ感情を芽生えさせていく。そうした北京での日々を過ごし、彼らは果たしてその最後の夜に何を思ったのか?そして両国の和解への道は?
今や世界的神話―― 東西冷戦時代、ニクソン=アメリカ資本主義と、毛沢東=中国共産主義の歴史的邂逅を通じ、人間の真実を探求したJ.アダムズの代表的オペラだ。

全国の上映劇場・上映スケジュールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です