バイエルン国立歌劇場が《トリスタンとイゾルデ》ほかストリーミング配信

【会見レポート】勅使川原三郎版『羅生門』

【GPレポ】鈴木優人プロデュース/BCJオペラシリーズ Vol.2《リナルド》

小澤征爾音楽塾オペラにマツコデラックスが出演

バイエルン国立歌劇場が《トリスタンとイゾルデ》ほかストリーミング配信

 毎年6月から7月にかけてバイエルン国立歌劇場で行われる『ミュンヘン・オペラ・フェスティバル』。昨年はコロナ禍の影響で残念ながら中止となったが、2021年は《イドメネオ》、《トリスタンとイゾルデ》の2作品を新制作。《オテロ》、《サロメ》、《マクベス》など、多彩な演目で7月31日まで開催されている。なかでも注目される新制作《イドメネオ》、《トリスタンとイゾルデ》の2作品のほか、超豪華な指揮者、歌手陣が集うニコラウス・バッハラー総裁フェアウェル特別コンサート「POINT OF INFLECTION」…

【会見レポート】勅使川原三郎版『羅生門』

 ダンサー、振付家、演出家(美術・照明・衣裳・音楽構成も手がける)としてKARASを主宰し、東京・荻窪にあるKARASの主要な活動の場であるカラス・アパラタスで新作を発表し続けている勅使川原三郎。愛知県芸術劇場芸術監督も務める勅使川原が7月15日、同劇場で8月に上演する『羅生門』について会見を行った(共同制作となる東京芸術劇場でも上演)。登壇者は、勅使川原と佐東利穂子そして、ハンブルク・バレエ団のアレクサンドル・リアブコ。ここでは、勅使川原の語る作品感、創作意図に焦点を絞ってレポートする。(文:…

【GPレポ】鈴木優人プロデュース/BCJオペラシリーズ Vol.2《リナルド》

 明日、11月3日(火・祝)鈴木優人プロデュース/BCJオペラシリーズ Vol.2 ヘンデル 歌劇 《リナルド》が上演される。神奈川県立音楽堂で先だって行われたGP(最終総稽古)の様子をご紹介する。 (2020.10/30 神奈川県立音楽堂 写真:寺司正彦)  ドイツ出身の作曲家ヘンデルが、ロンドンに渡ってはじめて手がけたこのオペラは大成功をおさめ、ヘンデルの名声を確立させた傑作だ。第2幕でアルミレーナが歌うアリア「涙の流れるままに(私を泣かせてください)」は特に有名で、コンサートなどでもよく歌…

島森路子インタビュー集

島森路子は「相手の人の仕事の魅力にとことんほれこんだ上で、その魅力の秘密をその人自身のことばで明らかにしていこうとする一貫した姿勢」でインタビューしていた。